ブレーキダストクリーニング

こんばんは。 サトックスです。

2017年1月28日、このところ早朝出勤時に気温がマイナス表示になっている日が続いておりましたが、土曜日は久々に14度。

しかも昨日まで吹いていた強風は治まり、ほぼ無風状態です。

これはもう洗車日和の何物でもありません!

そこでしばらく室内の掃除機掛けと、ここ3週間ほど洗っていないブレーキダストだらけのホイールをきっちり洗ってあげることにしました。

室内清掃

先ずは掃除機で室内のバキューム。

「ブレーキダストクリーニング」とタイトル書いていながらいきなり掃除機の図でスミマセン。

おまけにBMWのブログでそい時期のホースがびろーんとなっている図がアイキャッチ画像として表示されていると思われると別のものに差し替えたい気もしますが良い画像が無いのでご勘弁を。

真っ先にホイールを触りたいところなんですが、その欲求を抑え濡らす前に電気を使う作業からスタートです。

BMW アクティブツアラーのカーゴトリムは表面が比較的細かく傷がつきやすい材質でしたので納車直後にカーゴカーペットを購入しました。

普段楽器を運ぶときに邪魔になるトノカバーは使用していないのでラゲージスペースにゴミが結構たまります。 バキュームが終わったらカーペットも吸い取ります。

生地色:ブラック ロック糸:ブラック 車両(モデル):2016年1月~

楽器の出し入れの際にバンパーをこするので深い傷が入る前にステンレス製のバンパーガードが欲しいところです。 ネットで見ていると結構高いのが難点。

フロアもきれいにすると気分が良いですね。

室内の香りも清々しくなったような気がします。

運転席の座面がすでにやれてきました。 それほど体重はないのですが・・・

ホイール清掃

前輪右側、やはりひどいです。 ランクルの前輪も当初はびっくりするぐらいすぐに汚れましたが、これはそれ以上で最初びっくりしました。

後輪は比較的少なめですが、国産車に比べると圧倒的に早く汚れます。

ホイールも表面は納車後簡単ですが自分でグラスコートを仮施工してあります。

日頃は小さいスポンジで洗っていましたが隙間が面倒なので今回はちょっとした道具を試してみることに。

ジョイフル本田で買ってきましたが、どこでも手に入るコップ洗い用の柄付スポンジ2種類です。

で、使用感はアルミホイールの広いスリットは左の白い大きいスポンジが調子いいです。 小さいコップ用のスポンジは細いスリットに丁度良い感じです。 毎回持ち替えるのは結構面相なので小さいコップ用のスポンジですべて作業するのが正解でした。

ただ、3回ぐらい洗車したら傷んで交換になりそうな印象です。

こんな感じに簡単にきれいになりました。

前輪ホイールには結構ピッチが付いていたので、タイヤローテーションで取り外した際にしっかりと洗って再度裏表にコーティングを施工する予定です。

あとは全体洗車のルーティーン

毎日海岸線を走っていると砂がエンジンルームにたまります。特に先週は強風でしたので増量されてます。

いつも使っている台所用洗剤ジョイで洗車セラピー。

ボディーも洗ってすっきりしました。

これでお出かけも楽しくなります。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする