久々の洗車ヒーリング

こんばんは、サトックスです。

とうとう2019年も終わろうとしておりますがいかがお過ごしでしょうか?

今年の昼間の仕事納めは26日でした。

演奏のお仕事も例年はぼちぼちありましたが今年は特に理由は有りませんでしたがなんとなく予感がしたのか予め11月以降開ける様にして自分の時間を持つようにしてみました。

結局車の回送やら何やらで埋まってしまいましたが・・・

218dも11月始まってすぐに洗車して以来そのままの状態でほぼ2カ月が過ぎようとしています。

流石にこのままではかわいそうなので、先日購入するも試運転することなくシャックで待機していたパルスエアガンを使ってみることにしました。

試運転

10%ぐらいでも十分に泡立つとの情報があったので目見当で調合します。

洗剤はいつもの台所用洗剤です。

これが一番脱脂出来て使いやすいです。

洗剤の装填も完了してエアを繋ぎます。

フォームガン パルスエアーガン導入

慌ててコックを開けずにトリガーを握るという初歩的なミスを・・・

ここ最近集中力が掛けているのか・・・

疲れがたまっているのか・・・

判断能力が欠如しているのか・・・(これは無いと思うなぁ)

些細な事からとんでもないものまでミスを繰り返しております。

まあ休み明けには元に戻るでしょう。

言ってるそばから泡をぶちまけております。

洗車開始

適当な試運転も終わったところで早速ボディーをフォームで覆います。

大変きめ細かいフォームで弾力があり粘着力が出ていますのでゆっくり時間をかけて汚れを溶かしてくれます。

ただしエアの消費量が大きいので38Lタンクのコンプレッサーでは足りません。

ルーフの半分ぐらいカバーできたところでいったん作業を止めてエアが溜まるまで待つような進み具合で、いつもより時間が掛かってしまいます。

いつもよりは汚れの落ち具合が良いのが実感できました。

ウエスの滑りも格段に良くなり傷が入りにくくなった印象です。

但しウエス圧が下がるのでサイドパネルは洗い残ししがちになります。

一度エアが溜まればホイールへの噴射はしっかりとできます。

傾斜のある個所はゆっくりと流れてきますので結果的に全体を洗剤が覆うことになります。

グリルなどの細かい部分にも満遍なくいきわたり定着するので効果が高いですね。

この後はいつも通りの洗車ですっかり綺麗になりました。

ついでにフロアゴムマットも綺麗に洗浄しました。

凹凸のあるゴムマットには最適でした。

10分ほど浸透させた後にブラシで丁寧に擦ればすっかり綺麗になりました。

待っているっ時間がもったいないのでたまにはランクルのバッテリー充電を!

この充電器ですと大型車モードに切り替えて11Aから13A程流れます。

6時間ほどでFULLに。

sの後もう一度初めから充電します。

内装清掃

3年間も毎日運用しているとどうしても汚れが蓄積してきます。

早めに手入れをしていればここまでひどくなならないのですがなかなかそうはいきませんね。

ちなみに以前乗っていたセドリックはこのような面倒を避けるために内装をすべてビニール化しました。

わざわざコストをかけて低グレード化しました。

私には高級車は向かないようですね(笑)

内装もアルカリ洗剤で一通り水拭きしてスッキリしました。

助手席側も乗っていなくても汚れは付きますね。

ススが付いて真っ黒になっていたテールパイプも真鍮ブラシとメタルポリッシュで綺麗にしておきました。

後ろからの眺めもテールパイプが綺麗になるだけで印象が変わります。

これで綺麗な状態で年が越せそうです。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする