AT異音 ディーラーに入庫

こんばんは、サトックスです。

2月16日金曜日、朝の通勤の際に33,333km走破しました。

燃料代がかからず快適にに移動できる218d、いつのまにやら距離が伸びています。

まあ、毎日の通勤が一番の理由なんですが。

これだけ走ってこれまでの燃料コスト総額は201,794円です。

週明けの月曜日は祝日なので・・・と言っても日本の祝日ではありませんが、アメリカの祝日はお休みなのでこの3連休を利用してAT変速ショックと異音の現状確認と原因究明の為Tokyo Bayに入庫の為仕事を終えて向かいました。

到着後早速工場長にまずは助手席に同乗して頂き現象確認です。

高速走行した直後で機関のコンディションも最良の状態ですがしっかり現象は再現しまし、異音とショック、そして発生の条件を確認して頂けました。

右前方のフロア先あたりの印象で、トランスミッションからの駆動力が切り離されたり押し出しと引っ張りが反転する瞬間にコトンと鳴りショックがあります。

私の経験からするとドライブシャフトの遊びが増大して異音が発生している時のパターンです。

工場長もその所見にはご理解いただけました。

機関冷間時はこの3倍以上のショックですのでその重大さを感じていただけると思いますとお伝えしたので。

3日間をかけて原因究明をして今後の対応を検討してもらう予定です。

症状を確認後率直に聞いてみました!

「この状態ではBMWとしてはどうなんですか?」

「仕様で片づけちゃうつもりですか?」

「それとも保証でしっかり治すつもりか?」

で、お答えは・・・

「不具合のレベルではないですね。 オーナーによっては気が付かないレベルかもしれません。 いわゆる苦情レベルですね。」

(BMWほどの金額を払って新車で購入して、これを気にしない人はいないと思うのは私だけでしょうか?)

まあいつも正直に言っていただけるので、変に期待をせずにある意味有難いのですが。

このショックと異音さえなければ、完璧に満足できる車なので本当に惜しい。 しかも元来の原因は制御不良による、人為的にアクセルを踏む混んだ状態でも到底到達できない急発進とショックによる駆動系のダメージ都市間考えられないのですが・・・

(詳細はこちら)

是非何とかして頂けるようにお願いしてきました。

ただ一つ気になるのは、手渡された見積書。

恋に壊したものではなく、そもそもこの個体に異常があって生じている現象を被害が拡大する前に対策するための作業をお願いしているにもかかわらずテストドライブにこれだけの金額を請求する予定のようです。

バカらしくてこれが何のためなのか聞く気にもなれませんでした。

請求されたら、この障害は218dの仕様と言うことになるのでしょうから他のしゃりゅおでも同様の現象が出ることを示してもらって、私の218d固有のトラブルでないことを明らかにしてもらうことにしましょう。

今までこんな車屋に出会ったこと無いです。

BMWってこんなもんなんでしょうかね?

これ請求されたら、何のために試乗して新車買っての保証に入っているのか分からないですね。

これじゃ他の人には勧められないですね。

トヨタと日産位しか経験がありませんがこんなことはなかったですね。

しっかり対応してもらえることを期待しつつ、月曜日を待ちましょう。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぽち より:

    こんばんは
    色々、考えているのですが、やっぱりATF交換は必要と考えています。
    同じATのMINI F56のATFを交換した事例がネットにありまして
    冷間時のもたつきや変速速度が改善されたとありました。
    BMWはドレンパンを外してパッキン、ドレンパンも含めて交換が一般的な様ですが
    2シリーズはFFなので外せない構造ですね。
    ドレンプラグから抜いて、抜けた量の新油を入れてこれを数回繰り返すのが
    良さそうな気がします。
    過去乗ってたOPELはゲージからポンプで抜いて抜いた分の新油を入れて
    それを繰り返して、廃車にした15万キロ位まで大丈夫でした。
    6速のF21AWは5.5L、8速のF22AWは7Lと結構な量のATFですが、ATF6
    は1L 8千円程度とATF代だけで5~6万円となるので工賃を含むと
    ビックリする様な値段になりそうです。

    • Satox より:

      こんばんは。

      F56のオーナーさんとはメッセージ交換させていただきました。

      その時にATF交換では完治できない可能性が高いと思いますと感想を頂きました。 やはり本来の原因は制御にあるような気がします。

      F56やF45のATは交換前提に設計されていないので簡単ではなさそうですが不可能では無いので挑戦してみる価値はありそうですね。

      これまでの車では2万キロごとに交換して33万キロノートラブルで乗れたので気持ち的には無条件にATF定期交換しないと気持ち悪いのですが、この車はそうはさせてくれないようです。

      2件ほどBMWのショップにも相談してみましたがF45は残念ながらAFTのオイルパンのパッキンの部品が出ないので交換不可の回答でした。

      それにしてもなかなか諦めきれないところがもどかしいです。

      5年後には15万キロほどになりそうな勘定なのでこのままではいけないような気はしています。

      自分でなんでも交換できるランクルの方が圧倒的に安心して心労なく乗れます。

      ただこれを除けば、すべてが良く出来た素晴らしいクルマなので満足度は大きいですね。

      218d買ってよかったです。