AT異音 今後の流れ

こんにちは、サトックスです。

そろそろATの問題に疲れてきました。

何を作業するわけではないのですが対応を考えることに疑問を感じてきました。

簡潔に言えば、新車をしかも5年も補償を付けて買ったはずなのになぜ自分がいろいろと点検補修しなければいけないのか? しかもエラーが出なければ保証修理出来ません、入庫しても時間の無駄ですとまれ言われて。

で、自分が何をしたいのか、どうすれば満足できるのかを考えました。

勿論直ればそれが最高位のゴールなのですが、それが期待できないのであれば・・・

それがBMWの仕様ですという結果になるのであれば、どこがどのようにして音が発生しているのかその仕様の説明はきっちりしてもらいたい。

これで治らなくても納得できます。

そしたらそこに負担をかけないような走り方、あるいは歩祖父が切れる前、あるいは走行できなくなる前、あるいは距離的に残価プランの規定外になる前に乗り換えればよい事です。

私この車を買った当初の目的を忘れそうになりました。

いかん、いかん。 もう少しで想定外の費用をかけてショップで直してもらったりしてしまうところでした。

これじゃ何のために新車を買ったのかわからなくなりますね。

旧車や過走行車を入手してレストアしながら乗るのは辞めたはずです。

しかしまた、新車で同じことをしようとし始めた自分が・・・

まあ嫌いじゃないのでしょうがこのストレスは218dに存在してはいけません。 せめて2年目でね。

対策

もう一度ディーラーに相談して、最終的に治らなくてももう構わないので、イオンの原因と発生の仕組みをはっきりとさせてる作業は私でなくディーラーでしてもらいたいと要請しました。

ホントに自分で固めのグリスを買ってブレーキ組みなおして、異音探知機買って検査するものではないですよね。

その異音の最近の特徴

  • エンジンの温度には関係ない
  • 右足元前方の車外から発生
  • クリーピングや停止からアクセルを当てるとカコン
  • 1速、2速でアクセルを離すと盛大にカコン(特にエンジンブレーキがかかる状態)
  • 時速20kmいかのごく低速で加速減速を繰り返す住宅街や渋滞での走行ではギッタンバッコンしてしまう

スズキの5AGSなら許せますが・・・確か218dは8ATだったと思いますが。

2月に入院することになりました。

皆様のF45やF46はいかがでしょうか?

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. shin より:

    ATF全量交換をご存じですか?
    1992/850iと1995/750ilのポンコツ12気筒を
    際限なくレストアしているバカです。

    壊れる状況のATは何をしても壊れるので修理しなけばなりません。
    でも、普通は(普通の定義はさて置き)そうそう壊れるものではありません。
    まず毎日乗っているオーナーが不快に感じるのは、ゴツンッ!ガツンッ!
    とシフトショックが大きくなったことでしょう。

    オイルに問題ありは明白なのに「オイル交換するとATが壊れる可能性がある!」
    神話に惑わされ、躊躇して対処しない。
    で、性能劣化に甘んじ徐々に壊れていきます。

    大昔から汚いATF交換したくて堪らない人間でした。
    当時は「atf全量交換メンテックシステム」登場。
    歴代の愛車たちが世話になり、全車AT新品状態を享受してきました。
    費用は結構高額でしたが、。

    メンテックシステムも今じゃ奈良の奥に一軒あるだけです。
    そんな時期、今年850iの6年に渡るレストアで、やっと車検受けナンバーが。
    入手時から気になっていたAT、でかいシフトショックに不安になる日々。

    2~3年前頃から気になっていた「トルコン太郎」が雨後の竹の子状態に。
    何軒か当たってみて、その中の一軒が気に入り圧入式とやらで全量交換完了。
    絶対最高の魔法のような「スーパーゾイル」をATFに10%添加。

    またしても想像を超える素晴らしいATに若返りました。
    気のせいではなく、この2点の施工で新品状態、それ以上です。
    なんで新品のようだと判るのか?
    当時、93年式の新車に乗っていたからです。
    (7,000kmで500SLの下取りに出してしまいました。)

    この850iはATF交換も、ゾイル添加もしていませんでしたが、
    記憶では固い感じで滑らかさに欠けるフィーリングでした。
    (0?から7,000kmですから、そりゃそうですよね。)

    今の47,000km 850iのほうがはるかにフィーリングがいいです。
    ゾイルの効果は遅効性で徐々に効いてきますから,体感の喜びもひとしお。

    てな、つぶやきさせて頂きました。
    悪しからず。

    • Satox より:

      初めまして、コメントありがとうございます。

      同感です。
      私もBMW以外では2万キロごとに交換していました。 年間概ね2.5万キロ走行するのでほぼ毎年交換していましたがやはり32万キロ走っても快調でした。 218は交換を前提に設計されていないトランスミッションということで不可能ではなさそうですが困難なようです。 過走行の私にはちょっと気になるところですがこの車はあと2万キロで退役予定なので気にしないようにしています(笑)

      私の218のATはどちらかと言うとコントロールに問題がありそうです。 通常は素晴らしくスムーズな変速で快適に走行できます。

      BMWは決して悪い車ではなく大変よくできた車と感じますが過走行オーナーのファーストカーとしてはダウンタイムを考えると最善の選択では無いという経験になりました。