ホイールを考える

こんにちは、サトックスです。

BMWのみならずホイールの掃除は欧州車オーナーの悩みの一つと思います。

私もブレーキダストの量と純正アルミホイールの掃除の手間にはそろそろ参っています。

メンテな楽なスチールホイール

これまでの車はほぼ鉄チンホイールでした。

理由は単純、掃除がしやすいからです。

掃除の大変案アルミホイールを汚いまま放置するよりも、掃除の簡単なスチールホイールを綺麗に維持して乗る方がよっぽど気分良いものです。

こちらはGS136Vクラウンバンのホイール。

バン・パトカー用のトヨタ純正スチールホイールにセンターキャプ。 ちなみにこのハブキャップは金属製のバネが入っており結構高価でした。

こちらも今年の3月まで10年間頑張ってくれたセドリックの純正パトカー用スチールホイール。 ハブキャップは経年劣化は早いので10年間で3回ぐらい新品交換しています。

ちょっと番外編ですが奥のラウムの純正スチールホイール。 ピカピカです。

グランドハイエースの純正スチールホイール+救急車用センターキャップ。 このハブキャップは1個4,000円ほどしました。 クラウンバン同様金属バネ入りでちょとt高価ですが旁はしっかりしています。

こちらはセカンドカーの純正リングホイール。

シビレマス! これが一番の購入動機でした。

スタッドレス用にもう1セット入手してスタンバイです。

鉄チンは楽ちん

どれも共通していることは清掃が簡単!

ガラスコートしておいて雑巾でぐるっと洗えばあっという間にピカピカに。

汚れや傷が入ったら自分で塗装してまたコーティングすれば新品同様に。

ピットワークのホイールシルバーであっという間に・・・

うっとりします。

セドリックも、1時間もあれば4本仕上がっちゃいます。

これにウレタンクリアーを吹けばもう艶やかなシルバー鉄チンが完成です。

時折、フルキャップを付けたりして気分転換もしました(笑)

純正アルミホイールは・・・

ではBMW218dの純正アルミホイール。

なかなか美しくエレガントなデザインで、私の好みではありますが・・・

きちんとコーティングすると深みのある艶も出ます。

しかし、すぐに汚れてしまい、悲惨な状態に。

ほぼ毎週洗車していますが、今の純正ホイールをきちんと洗ているかと言えば、していません。

時間がかかりすぎます。

綺麗な状態を維持できなければ、せっかくのデザインも台無し。

BMW純正アルミホイール

218用の純正アルミホイールはありません。

1シリーズや3シリーズにはフルキャップの純正スチールホイールの設定がありますが残念ながらF45には使えません。

近いホイールでMINI R60 Countrymanには純正の鉄チンホイールがありますが、こちらはPCDが120mmなので使えません。

6.5JX16PCD112mmなので使えそうなんですがオフセットがET47なので218dの+52mmには5mm足りませんが。

F45(218d)のサイズ

Tire:  205/60R16
Rim:  7Jx16 ET52 (Offset +52mm)
Bolt/PCD:  5x112mm
THD:  M14x1.25mm
Core Bore:  66.6mm

MINI Clubmanが7J/16でET52で許容範囲がET35-54となっていますのでこのあたりで、何かよさそうなOEMスチールホイールがありそうな感じです。

候補

ゆっくり欧州のサイトを探してみると見つかりました。

イギリスの業者で2点ほど。

Magnetto Wheels MW R1-1911

Wheel size: 6,50Jx16
PCD: 5×112
Offset: 52.00
Central Bore: 66.6
Colour: silver
57ユーロ/1本

これは正にピッタリ!

Mercedes V-Class Van用のモデルです。
もう一つは、
Alcar KFZ 6501
Wheel size: 6,50Jx16
PCD: 5×112
Offset: 52.00
Central Bore: 66.6
Colour: silver
63ユーロ/1本
日本まで発送可能か問い合わせのメールを送ってみました。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする