パワーウインドウのAUTO閉が効かなくなった?!

先程コーディングをいじっている際にうっかり運転席の窓の操作を行ってしまいました。 その際にコーディングの際タイミングによってはパワーウインドウが動作しない一瞬がありました。

何が起こったか分からずスイッチを何度も引いたりしているうちに、AUTO動作の設定をおかしくしてしまい、AUTOで全開にはできても全閉にすることがでいなくなってしまいました。

いろいろ試しているうちに運転席側のリアウインドゥも同様の状態に。

すぐにネットで調べてみたら手掛かりが。

どうも、AUTO動作の下限・上限の設定をおかしくしてしまったようです。

以前セドリックのレギュレーターモータのオーバーホールをした際リセットし忘れて、AUTOで全閉できない状態になったことがあります。

F45の再設定の方法は見つかりませんでしたが、5シリーズの情報があり試してみたところ無事再設定することができました。

とうとう余計なことをやらかしてディーラーで怒られるのかとヒヤヒヤしました(笑)

現在設定の消去方法

  1. 窓ガラスを全開にする
  2. 10秒以内にパワーウインドウスイッチを「ダウン(開)」方向に4回押す

これによりパワーウインドウの初期設定が消去され、挟まれ防止機能と料金所モード(AUTO上げ)が解除される。 AUTO上げ機能が無効になっているか確認し、有効のままの場合には再度消去手順を行う。

再設定

2つのステップを間髪なく続けて行う。

  1. 窓ガラスを全開にする
  2. パワーウインドウスイッチを「アップ(閉)」の位置で維持して(2ノッチ目)窓を全閉にする
  3. 上限位置まで到達したらスイッチを「アップ(閉)」の位置で2秒以上維持
  4. ステップ1から3をもう一度繰り返す

Erasure of initialization:
• Open door window glass fully
• Operate power window switch in “Open” position four times within 10 seconds

This erases initialization of the power window, anti-trapping protection and toll function are inactive.
Check whether one-touch control (toll) function is inactive, otherwise repeat procedure.

Reinitialization:
Avoid a break between the two steps!
• Open door window glass fully
• Operate and hold power window switch in “Close” position (second switch stage)
• Once the upper end position has been reached, hold power window switch in “Close” position for approx. 2 seconds longer
• Open door window glass fully
• Operate and hold power window switch in “Close” position (second switch stage)
• Once the upper end position has been reached, hold power window switch in “Close” position for approx. 2 seconds  longer

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする