初めてのタイヤ空気圧警告

こんにちは、サトックスです。

本日は金曜日ですが休暇にして案内係兼運転士です。

と言うのも、昨日からうちの孫がニューヨークから遊びに来てまして、昨日の夕方羽田空港まで迎えに行ってきました。 218dは旅行鞄の大きな荷物も積めて、リアシートも広々で14時間のフライト直後でもゆっくりしてもらえるスペースを提供できるのは素晴らしいですね。

空港までの途上首都高速でいきなり初めての空気圧以上の警告が出ました。 iDriveの画面にはランフラットタイヤなので時速80キロまでは走行できますのメッセージが表示されてます。

初めてのことでしたので写真を撮る余裕がありませんでしたが、ランフラットタイヤ云々の表示がされると本当にパンクでもしたのかと思ってしまいました。 車両の挙動的には特に異常はありませんでしたがなにぶんランフラットタイヤの経験が無いので、パンクしていてもこの程度なのか分からず最悪の事態を想定してしまいました。

丁度新山下の出口の手前だったのでそのままそこで高速を降りてイエローハットへ・・・

エアチェックと目視点検をするも結果的には全く問題ありませんでした。 空気圧はフロントは2.4kg、リアが2.6kgでした。 これはローテーション前であればほぼ規定通りの空気圧です。

おそらく、先週のローテーションを行った後にリセットをしていなかったのが原因と思われます。

その場で空気圧モニタリセット操作をし、その後特に問題ありませんでした。

久々にびっくりしました。

その後無事羽田空港に到着し孫をピックアップできました。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする