BMW Tokyo Bay 入庫

金曜日、定時よりも1時間早く退社できましたのでその足でBMW Tokyo Bayまで愛機を届けに向かいました。

金曜日から翌週水曜日まで時間をかけて前輪の異音対策です。

異音覚知からこの日まで2カ月ほど乗っておりましたが、当初は異音が出たり全くでなかったりとしておりましたが、最後の2週間ほどは気温や天候問わずほぼ出現していました。

ステアリングセンターよりも左側の操作で、切込み戻しともに発生しています。

音は最終的にはきしみ音からどちらかと言うとコルゲートチューブの様なものが何かに触れているような音色に変化しました。

このところよく訪れるBMW Tokyo Bay。

営業さんが来るまでしばらく2輪のセクションで見学です。

来るたびに展示が変わりいろいろと楽しませてくれます。

BMW スーパーチャージャー R5 コンセプトが展示されていました。

ボクサーエンジンって美しいですね。

理由もなくなぜか惹かれます。

R1200GS Rallye 2017

このモデルにガードバーを付ければGSAよりもちょっと扱いやすそうな気もします。

いつになったら乗れることやら・・・

今回の代車は218d M Suportですが、その背後に青のLaxuaryが居ました。

この色は私の第2候補でした。 ベージュ内装との組み合わせ、なかなか良い雰囲気です。

もう少し濃い目の色合いだとさらに高級感があって一層素敵な気がします。

プラチナシルバーが一番お気に入り。

妥協しなくて良かったです。

こちあらが今回お借りした代車、218d M Sportです。

やはりこの車はディーゼルが良いですね。

第一印象は、やはり乗り味が固めです。

30分も走るとだんだん慣れてきます。

なかなかシートが良いですね。 最初はももの裏のあの前後するパッドが邪魔臭いですが慣れると案外調子いいです。 ドライビングポジションの取り方も今までと全く変わり、足を投げ出すようなスタイルに。 これだけ変わるとは不思議です。

で、乗り味は・・・ 一晩経てばもう違和感ありません!

まあ、ロードノイズは相当な差があります。

あともう一つ気が付いたのは。

良く転がります。

瞬間燃費を見ていると、愛機よりも良いような印象を受けました。

タイヤの違いがここまで違うとはびっくりです。

サイズは225/45R18。 いままでこんなに大きなホイールは大型トラック以外乗ったことがありません。

印象的には自車のECO Proとこの車のConfirtが同じような感じです。

これは良いですね。

400kmほどいつもと同じように走行して1km/lほど良い数値です。

タイヤ交換の際には参考にしたいと思います。

もう少し静粛性を求めてDNA dbタイヤを狙ってますが。

あともう一つ違いを発見しました。!

iDriveのコントロールスイッチの形状が変更されて操作性が格段に良くなりました。

これは私のです。

シーソースイッチの表面に切れ込みが入り、MENUスイッチとの段差も大きくなり触った感触が良いです。

細かいところも常に進化しているのは嬉しいですね。

後は、愛機の帰りを待つのみです。

無事改善されていることを願います。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする