燃費が少しずつ悪化してきた

こんばんは、サトックスです。

ここ数日サイトが不安定になっておりました。

実はこのサイトは自家サーバーで運用していますが、4年ほど使っているサーバーのHDDがクラッシュしましてRAIDを組んでいましたのでデーターの欠損は免れましたが、HDDの入れ替えに手間取りたびたびサーバーを停止しなければならない状態になっておりました。

現在は復旧し通常稼働しておりますが、後日新しいサーバーに入れ替える予定です。

さて、今夜はBMWのお話です。

このところ二種免許の話題ばかりでしたのでたまにはこのサイトの本題であるBMWの情報です。

ここ最近の燃費は14.5km/Lのあたりをウロウロしています。

燃費が伸びないのはECO PROモードでのレスポンスの悪さが顕著に出てCOMFORTモードに切り替えることが多くなったのが原因と思われます。

前回のオイル交換から4000kmほど経過しています。

3000kmで交換しない理由は丁度前回のオイル交換からBSIの初回オイル交換まで6000kmのインターバルなので試しに3000km以上走行した際のフィーリングを確かめてみることにしました。

3500mを超えたところからなんとなく軽やかさが消え、アイドルストップからの再起動時の振動も大きくなった印象があります。

あと1500kmでBSIのオイル交換なのでそこまで実験的に我慢する予定です。

それから、4000kmに到達したころから排ガスにディーゼル臭が混ざるようになってきました。 今まではびっくりするぐらいあの辛口ディーゼル臭が排気からはほとんどせず、オイルに吸収されているような感じでしたがそろそろオーバーフローしているような印象です。 (本当のところはのところはまだわかりませんが。。。)

やはりオイル交換って大切ですね。

本当の考察は次回のオイル交換の後になりますが。

実験とは言えこれだけ実感できるほどフィーリングが悪くなると早く交換したい衝動に何度も駆られて困りますね。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする