Fuel 1添加

こんばんは、サトックスです。

ここ2週間ほど218dのエンジンの調子に違和感があり、気になりだしてました。

症状は

  • パワーの無さ
  • アイドリングストップ復帰時の振動の増大
  • アクセルへの反応のタイムラグ
  • 燃費
  • 排気音の増大

気にしない人ならばわからないぐらいのレベルですが、私の体は正直でした。

このところ、ECO PROモードにしているとアクセルへの反応にタイムラグがあることに加えて、いつもより多めに踏み込む必要が出ていました。 そうすると、加速がにスムーズさが無くなりちょっとイライラ。

で、結果COMFORTモードに投入してレスポンスを求めるようになり、燃費がちょっと悪化する。

また、水温が91度。 いわゆるエンジンが完全に温まり安定している最高温度のところです。 この状態でマフラーから聞こえる低音の振動が大きくなってきました。

前回のオイル交換から丁度走行3000kmを超えたぐらいでしたので、オイル交換をして様子を見ようかとも思いましたがチェックすると・・・

今までの交換時に比べるとそれほど汚れていません。

おそらくマイクロロンの効果もあると思います。

次回のオイル交換がBSIの交換サイクルに当たりますので、そこまで無交換で乗ってみる実験をしようかとも思っていました。 どうも今までの感触からすると原因はオイルにはないような気がします。

で、オイル交換せずにFuel 1を添加してみることにしました。

常時10本ほどストックされていますので、売るほどあります!

ファイト一発! Fuel 1

タンク半分の燃料に投入です。

後で満タンにしに行きますが、この状態でエンジンを始動してちょっと、

こちょこちょ。

パワーウインドゥの設定を変えたり、こまごまと。

で、iDriveの設定をいじろうと思ったら、対応していませんでした。 おそらく現認はこの前のUSBアップデートか? 原因ははっきりわかりませんが思い当たるのはこれぐらいしかありません。

またアプリがアップデートされるまでお預けです。

ちなみに、CarlyのOBDIIのディバイスに見える針金は、奥まったところで指が入らず取り出せなく為、それを引っ張り出せるようにあらかじめ巻いて取手にしています。

その後乗り始めてすぐに変化が分かりました。

効き目アリです!

ECO PROモードでもちょっとアクセルを踏んだだけでスッと車が出るようになりました。

以前の印象に戻り、もうCOMFORTモードに切り替えたくなる理由は感じません。

アイドリングストップからの復帰のスムーズです。

ここ2週間ぐらい右の背中に痛みが出始めて、マッサージに行ってましたが、これが原因でした。

右足のアクセル操作で、今まで以上に踏まないと同じ加速が得れないながら、一方でこんなに踏まなくてもいいはずと踏み込みを抑える力も同時に働いてそのストレスが背中に来ていました。

Fuel 1で改善してからはこの筋肉の無用な緊張が無くなりました。

BMW純正の燃料添加剤も非常に興味があります。

次回は試してみたいです。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする