FTM-400DHコントローラーパネル取り付け

先日無事1つ目のアンテナ基台をルーフレールに取り付けてFTM-400DHを助手席に下に設置し、コントローラーパネルは中央エアコン吹き出し口前に仮設置しましたが、固定しなたっかので時々脱落したり、何よりの問題点はGPSの補足が難しかったことです。 やはりナビゲーション画面の位置まで前に出さないとルーフの影響を受けてしまうようです。

サトックスの本領発揮

いつもの無いものは作ればいいので、コントロールパネル保持ブラケットをアルミ部材で作ってみました。 アンテナ基台の作成に際に使用した材料を利用します。

ナビゲーション画面の裏側は複雑な傾斜がついているので現場合わせで寸法を調整して合わせていきます。

その後艶消し黒で塗装してこんな感じに収まりました。

FTM-400Dのコントローラーが少々上向きになってしまってますので、後日アングルを取り外して少し下に向きになるように曲げなおしました。

画面の反射も私の目の位置からは少なくなり、違和感が少なく見やすくなりました。

あとはD-Star用の無線機も搭載する予定ですが、電源の整備をしっかりする必要があるので、しばらくはこの状態で運用です。

少なくともAPRSは運用できるようになりました。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする