細部コーティング

2016年10月22日、ドアヒンジや内側のクリーニングとコーティングを施工しました。

前回は保護用の仮コーティングを施工してからほぼ1カ月経過してしまいましたが、その後一向に週末まとまった時間が出来ず・・・ その間天気の良い日はお客さんのコーティング施工が入ったりでなかなか自分の車の手入れをする時間がありませんでした。

限りれた時間で少しでも進められるように、細かいところに手を入れることにしました。

ドア周りや特にこんなところです。

この部分は一度汚れると掃除が面倒な部分ですが、汚れる前にコーティングしておけば洗車の度にさっと拭くだけで簡単に綺麗な状態を保てます。

この部分はあまり光らないところですがきちんと磨くとつるつるになります。

思わずこれを眺めながらニヤニヤしてしまいます。

この要領でドアの内側なども施工しました。

ニヤニヤし過ぎて、だんだん暗くなってきてしまい写真を撮る余裕がなくなってきましたのでどんどん先に進めます。

その後ボディーにも2度目のコーティングを施工しているうちにもうこんなに暗くなって自動で外灯が点き始めました。 これは我が家の「もういい加減にしなさい」インジケーターです。

まあまあの映り込みです。

この車の磨いていて一番好きな部分、実はここなんです。

意外と複雑な造形でいろいろな反射が楽しめます。

ここも濡れたような艶が楽しめます。

やはりワゴン形状の切り立ったリアなので埃が凄いですね。 なので、少し厚めのコーティングにしました。

これはあくまで仮コーティングなので、改めてしっかりと磨いて、コーティングしないといけません。

いつになることやら・・・

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする