リモートキーバッテリー交換

こんばんは、サトックスです。

3日前からエンジンを始動した際にメッセージがリモートコントロール・バッテリー交換表示されるようになりました。

確認の為車輛ステータスメニューから車両チェックに入ると・・・

この様に表示されています。

リモートキーは2個付属されてきました。

最初の2年はたまたま#2のキーをメインで使っていましたが去年の9月24カ月点検でTokyo Bayに訪れた際に新しいキーケースを奥にプレゼントしてもらったのでそのタイミングでプロファイルコピーをして#1をメインで使って#2は自宅保管用としました。

#2の自宅保管用を車の移動で使った際にバッテリー交換のメッセージが発報しました。

それからは#1キーを使ってもメッセージは消えません。

電池交換手順

先ずはキーケースを外します。

ハードキーを抜き去ります。

裏ブタを開ければ電池にアクセスできます。

この蓋が結構固くてこじ開ける際に破損しないか心配になります。

ハードキーを抜いた後にこの中心部分にある白いパーツ(防水パッキンの一部)の右側のツメを精密ドライバーでこじります。

見るのは私の爪でなくてキーの方ですので、そこんとこヨロシク!

(私の爪が汚いのはご勘弁・・・)

更に両サイドにもツメがあるので軽くこじります。

あけると分かりますがカバーの長編側に横方向の嵌合がありますので剥がすときにはそれを心の片隅に入れながらマイナスドライバーを少しづつレバレッジを効かせながらレバーしては差し込み、またレバーしては差し込むと3回目ぐらいでバカっと外れます。

使用する電池はCR2032です。

私は安心のパナソニックを使いました。

反対の手順でカバーを戻して完了です。

今回は面倒ので2個とも同時に交換しました。

私の218dは納車から2年4か月使用でメッセージが発報しましたが、担当営業さんお話によると早いクルマは6カ月で交換になることもあるが2年ぐらいがが多いようです。

メッセージ発報後もすぐにはキーが使えなくなることは無いので焦らなくてもOKとの事でした。

丁度来月中旬に点検なのでその時に交換しておきますよとも言われましたが簡単な作業なので自分で交換してしまいました。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする