CBSのライフ表示 100%以上?

Carlyを使ってODB2経由でサービスコードを呼んでいると興味深い表示がありました。

5項目が該当しています。

ブレーキが既に超過しているにもかかわらず253%となっています。

本来であれば0%が正しい表示のはずですが新品いじゅおのライフレングスになっていますね。

特にリアブレーキは32万キロです。

サービスカウントも2になっていますが今までに交換した経歴は私の知る限り有りません。 特にリコールなどでの交換もありませんでした。

フロントはパッドを交換したのでリセットを試みましたが・・・

本来はサービスカウントが1増加してライフレングスが100%に更新されるところです。

1分ほど時間が掛かります。

アプリ上ではリセット成功となっていますが実際にはパーキングブレーキを解除せず作業を進めていたので失敗しています。

話は戻って海外のサイトを見ていると100%以上のライフレングスが表示される現象は多く発生しているようで、リセットで対処しているようですね。

どのような理由で100%より大きい数値が表示されるのか不思議ですね。

追記

BMWにオイル交換で訪れた際にこの表示について聞いてみました。
もちろんCarlyを使っていること自体彼らにとっては関与しない話なんですが・・・

お話によるとディーラーでも時々このような意味不明な数値を読むことがあると言っていました。

はっきりとした原因は分からないようですが不安定な電圧などで読み取りがおかしくなったりすることがあり、リセットして様子を見ることも多いと話していました。

結果的にはリセット出来その後特に異変も発生していないので問題ないでしょう。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする