WAKO’S Diesel-1添加

こんばんは、サトックスです。

現行のBMW320d M-Sportsに乗っている職場の部下と燃料添加剤の話になりWAKO’SのDiesel-1がなかなか良いらしいというレポートを見たとのこと・・・

手元にBMW純正ディーゼル燃料添加剤の在庫があるのですが我慢できないサトックス、早速実験してみることに。

ついついランクルのバンパーがテーブルになってしまい、思いっきりトヨタマークの前での画像になっております。 本当はBMWのマークの前とかがブログ的にはよろしいかと思われますが・・・

最新型のコモンディーゼルエンジンのインジェクターを洗浄することにより精細な制御を阻害する汚れを落として本来の性能を取り戻す製品との事です。

確かにクリーンディーゼルは繊細な制御のもとに成り立っていることは間違いないですね。

最近スーパカブのエンジンをばらして整備したりしていますが、あのシンプルなエンジンを触ると一体どれだけクリーンディーゼルエンジンは複雑繊細になっているのか想像できないものがあります。

メーカーの製品情報はこちら

既に前回のガスアップで150ml程添加してありますが、今回も100ml程追加補給です。

注入用の入れ物を買ってきました。

これローションの空ボトルではないですよ~ (念のため)

効果があれば「ディーゼル〇ペ」とかマジックで書いておきますかね。

ペ〇注入します!

このDiesel-1、1000ml入っていて4,000円しないのである意味一番お得な製品と思われます。

前回給油分の添加以降エンジン始動直後に少し感じられる辛口ディーゼルの香りですが新車の時の様にほとんどしなくなりました。

運転フィーリングは特に変化を感じるまでに至っていませんが、排気の香りに変化があるということは燃焼の制御が期待通りに行われている証かもしれません。

次の給油までにどう変化するか楽しみです。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする