AT変速ショック 新たな異音

こんにちは、サトックスです。

去年の11月に学習リセットの後、完治はしていませんが好転していたAT変速ショックのトラブル。

年末あたりから今まで発生していなかった変速時のトラブルとは別の異音に気付きました。

症状

停止状態から発進するするためにブレーキを緩めてクリーピングを得るために駆動力が伝わる瞬間(アクセルには触れていない)やアクセルを開ける時と「コン」とかどちらかと言うと「カサッ」と異音が聞こえます。

更に、加速や定速走行からアクセルと戻して惰行状態になる瞬間に同様の異音が聞こえます。

イメージ的に近い音としては前進後退切り替え時にディスクブレーキのキャリパーの中でパットが動いてなる音とサスペンションからの軋み音の間のような印象です。

当初バックで車庫入れ中に気付いたのでこのブレーキパット方の異音かと思いましたがブレーキを一切使っていない状態で発生したのでそれ以外の原因と気付きました。

これまでの発生条件:

  • エンジン冷間時は必ず
  • エンジン水温が60度以上ではあまり気にならない
  • おおむね30Km/K以上の速度では気にならない
  • ECOPROモードでもCONFORTモードでも発生するがECOPROの方がわかりやすい (ほとんど使わないのでSPORTモードは確認していない)

やはりこの音の聞こえるタイミングは正にこれまでも原因となっている駆動力の切り離しや接続制御のタイミングと一致しています。

外気温が1度前後やマイナスになる日を経験してからこの現象が発生し始めました。

新年の挨拶がてら担当営業さんに相談してみます。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする