BMWで行く?いすみ鉄道の旅

このところ相変わらず毎晩サーバーの改善作業に追われているサトックスです。

12月24日クリスマスイブは車OFF会を兼ねて千葉まで出かけて話題のいすみ鉄道に乗るという企画をいつもいろいろとお手伝いを頂いているエスカワ社長が立ててくれました。

でせっかくなので奥にも聞いてみたらディーゼル車両に乗ってみたいということで参加決定!

上総中の駅に集合していすみ鉄道初体験となりました。

去年ニッポン放送の朝の番組あさナビでいすみ鉄道社長鳥塚亮さんのインタビューを1週間聞いていましてなんとなく興味がありましたので良い機会です。

木更津東ICを降りるとすぐそばに道の駅がありましたのでトイレ休憩。

でっかいピーナッツの置物がありましたので、ピーナツカラーのコーディネートの奥と記念撮影。

パイナップルプリンセスならぬピーナッツプリンセスですかね?

しばらく山道を駆け抜けて上総中野駅に到着!

皆様既にお揃いで車談義盛り上がっていました。

クラウン2台とBMW、そしてもう一方飛び道具でいらしてました。

15分もしないうちにお目当て車両が入ってきました。

2両編成で1両目はレストランになってましてご予約専用。

我々は2両目に乗車しました。

日曜日の午後でしたが我々以外この車両には1名のみでガラガラでした。

発車まで一通り車両の見学。

懐かしい扇風機。

この動きが好きでした。 子供のころの電車にはみんなこの扇風機がついていたような記憶が。 冬になるとカバーがついてそこには「ワリコー」とか「ワリチョー」と書いてあったように記憶しています。

鶯色の内装塗装、趣があります。

バスの計器盤もこの色がありましたね。

そうそうこの換気口のグリルと開閉レバーも懐かしい。

で、大多喜駅で途中下車。

駅前の食堂で猪料理で腹ごしらえ。

初めて猪の料理を食べました。

何でもこちらの肉は罠で生け捕りにしてから裁いているので血抜きをしてあり臭みがないとの店主直々の説明でした。

駅前には「天然ガス博物館」がありましたので入ってみるとガスとは違う匂いの臭いオジサンがいたので早々に退散。

鉄道博物館があるとのエスカワ社長のリサーチ。

次の乗車まで時間があるので覗いてみることに。

わたしはあまり鉄道に興味が無いのですが・・・

な、なんとこんなものがあるではないですか!

しかも、1個ではなく複数個も!!

江戸時代の便器です。

6個ぐらい鉄道模型の展示台の下においてありました。

こちらの管理人さんのコレクションだそうです。

何でもここにきて便器を注目する人はほとんどおらず私が始めてのようで便器のお話で盛り上がってしまいました。

これは今なら50万円以上の価値はあると思います。

終点大原に向かい、30分ほど駅の近所で缶ジュースを飲みながら海を見るわけでもなく時間をつぶして折り返して上総中野駅まで戻ります。

乗車する車両は2015年導入の最新車両。

折り返し運転で車両も乗務員も同じということで、往復ともに同じアナウンスが聞けて楽しめました。

奥には英語で通訳しなければならないのですが復路は運転士さんのアナウンスを待つことなく訳せるのでタイムリーな通訳が実現できます。

が、もうそれさっき聞いたといわれて撃沈です。

で無事始点に帰ってきました。

時刻も16時を過ぎてだんだん寒くなってきました。

メインは車のOFF会ですので珍しい車を試乗して早めに撤収しました。

残りの皆様はその後も楽しいお話を更に続けていたとの報告が。

帰りも山道を駆け抜けて楽しく快適な218dでのドライブでした。

しかも燃料代はほとんどかかりません。

これもBMW 218dのお陰です。

当初はランクルで行こうかと思っていましたが、BMWにしておいて正解ですね。 一人だったらランクルで行っていたかな・・・たぶん。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする