BMWエアバックリコール

こんばんは、サトックスです。

ニュースを見ていたらBMWから10月23日付でリコールが届け出られたとのこと。

私の218dも該当していました。

調べてみると・・・

適合不具合の箇所

運転席用または助手席用のエアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切であった場合、高い湿度の環境下で大きな温度変化を繰り返すと、ガス発生剤が劣化することがある。そのため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがある。

改善の内容

車両により搭載しているエアバッグのインフレータの種類が異なるため、仕様に応じて以下の改善 措置を行う。
①運転席用エアバッグユニットを対策品と交換する。
②運転席用と助手席用のエアバッグユニットを対策品と交換する。
なお、対策品の準備に時間を要することから、まずは全ての使用者に対しダイレクトメールにより 連絡し、対策品が準備できた段階で再度連絡し、交換作業を行う。

識別:右フロントドア ロアヒンジ取り付けボルトの頭部に白ペイントを塗布する。

国土交通省リコールサイト

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_002771.html

そう言えば、今まであまりリコールにあったことは無いのです。

セドリックは皆無でした。 流石に20年以上生産して最後のモデルだったのでこなれていたのでしょう。 昔乗っていたグランドハイエースがインテークマニホールド亀裂のリコールで交換した記憶があります。

これだけの台数いつになることやら。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする