欧州車特有のモール染み3

こんばんは、ブルーマジックのメタルポリッシュクリームでやる気がわいてきたサトックスです。

定時で帰宅の途に着き道路も混まずちょっと早く家に着いたので磨きの続きを。

前回の記事でも書いた通り

「全箇所を処理するには相当な時間がかかりますが焦らずコツコツ進めていく」

これがミソなんです。

しかもフワッと押し付けずに研くのです。

1日で全部やろうとするとついつい力も入り更に雑になり、結果綺麗に落ちないというスパイラルにハマります。

ちょこっと見つけた時間で少しづつ進めるのが良いのです。

活動現場照明を準備

さすがに暗いと手元が何も見えずかと言って片手にライトでの作業は良く見えてよいのですが持ち替えが大変です。

作業用のLEDライトがあるのですが、スタンドが無いのでなかなか使い勝手が悪いので、何か方法が無いかと考えました。

溶接してスタンドをつくのは流石に大げさで収納に困ります。

で、使っていないカメラ用のトライポッドを使ってそこに作業灯を引っ掛けて使ってみました。

これは便利です。

しかも安定していますのでボディーに傷をつける心配もありません。

別に何かの撮影が入っているわけではないんですが・・・きっとご近所からは一体ここの家に人は何をしてるんだろうと思われていることでしょう。

まあ、マイ電柱立ててるような家人なので変人だと思ってください。

本日の成果

左リアドア上部のモールディング。

2回目ですがうっすらと見える気がする染みが無くなりました。

助手席フロントドアの上部モールディングです。

ここは結構ひどい状態ですがほぼ見えない状態になりました。

15分ぐらいは磨いていたと思います。

クリームをつけては軽くこすりフリクションが無く滑るような感覚を確認しながらウエスを動かし、重たくなる前にはふき取り、リセット。

で、もう一度ウエスの綺麗な部分でクリームを取り擦る作業を繰り返します。

頭の中ではJust Friendsが鳴っています。

これに合わせてスイスイと手を進めます。

「一体この元恋人同士はなんで今は友達になってしまったのかなぁ?」とかついつい考えてしまいますが・・・

でもそう言うこともありますよね。

若いころ付き合っていた空母艦載機のパイロットだった元ガールフレンドが、2年もたってから家に遊びに来ないと誘われてノコノコ出かけたサトックスですが、着いたそばから「So you know…. we’re just friends now…」だから。。。with benefitsが取れたのね・・・そんなこと言われなくてもテコンドーの選手を襲わないから心配するなと言ってみたり(爆)

そんなことを考えていると無駄な力が入らずに気が付くと綺麗になってます。

助手席側フロント三角窓のモールディング。

ここもウォッシャー駅のシミも加わり目立っていましたが、上記の基本作業のパターンを繰り返し成果が出ていました。

近くで見ても綺麗に見えます。

3m離れてみたら、もう十分OKでしょう。

でも、ライトで照らしてよく見るとまだうっすらとシミが残っています。

このまま綺麗になるまで磨きたいところでしたが、無理すると失敗のもとなのでちょっと我慢です。

今日はここまでと言うことで、簡易コートで研磨面を保護して終了!

まだ半分も終わっていない・・・

買って1年でこれはでもひどいよな・・・

材質と加工方法を考えると仕方がないよな・・・

といろいろ考えて、Matt Dennisの名曲Everything Happens to Meを歌いながら作業してました。

今週末のステージではこの曲やろう!

そういえばこの前注文したドライブレコーダーは一体いつ入荷するのか?

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする