ID-880Dメモリ更新

こんにちは、サトックスです。

本日はこちら!

D-STAR用リグのID-880Dです。

セドリックから降ろしてBMWに搭載するおとなく保管したまま1年が経ってしまいました。

無いものは作る-アンテナ基台ブラケットの製作で既にアンテナ基台は2個ルーフレールに取り付けて同軸ケーブルも配策済みなので電源さえ配線すればすぐに使える状態になっています。

問題はその電源!

現在はAPRS運用のためにFTM-400DHが既に搭載されていますがこの時簡易電源としてヒューズボックスから取るタイプのもので簡単に済ませてしまいました。

アイドリングストップから復帰する際に送信中の場合、無線機の電源が一瞬落ち、直後に復旧すると誤動作を起こし周波数や設定が無関係なところに変わってしまいます。

この状態でもう1台並列に接続するのは危険なのでD-STAR機はそのままになってしまいました。

1年通勤車にD-STARが無いとほとんど運用しなくなりいつもQSOしていた局とお空でお会いする機会がめっきり減り寂しい限りなのでそろそろ復帰したいところです。

いつでも気分が乗り作業を始めても良いように、新しいレピーターメモリの書き込みを行いました。

エンジン始動時のエアコンのカビ臭も気になるのでエバポレーター洗浄もかねてバッテリー直電源工事を近々に行うことにしましょう。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする