購入記 6 ライフスタイル

セドリックの車検が完了して更に2年の猶予ができました。

コンディションは抜群に良く、いつもどおりのスムーズな動き・・・文句の付け所がありません。 しかしこのまま通勤車として乗り続ければ消耗の一途となり、部品供給に時間が掛かることも第一線配備車輌として存在できるタイムリミットまで追い討ちをかけるばかりです。

ここ1週間ほどの寝技のなかで、やはりデミオが有力な選択肢となってきました。

ライフスタイルを想像する

決断までの最後のプロセスそこでもしこの車が仲間入りしたらどんな生活になるかを想像してみます。

デミオなら・・・

軽快な取り回しと今までと比べて気分的にはタダ同然の燃料コストでいつでも、どこでも気軽にお出かけできそう。 仕事場に駐車中に受けるペイントミストやドアパンチもあまり気にならず、そして数年後のコンディションによっては今までのようにあまりメンテナンス地獄にはまる前にサクッと代替する。

最大のメリットはすべてのコスト削減! 相当なストレスフリー具合が想像できます。

一方で、3時間過ごす空間としては明るい内装色を諦めた感が充満しそう。 結局その部分をカスタマイズし始めたら手間と時間、そしてちょっとした費用が掛かりそうです。

3人乗車での旅行がちょっと厳しいかな。

BMW 218dなら・・・

まず諦めた感はまずなさそう。 そして、すべての要件は満たすことができます。

メンテナンスコストが未知であることが最大の欠点。 但し5年保証を活用してメンテナンス地獄にはまる前にサクッと代替することを常に自分に言い聞かせていれば、回避できるような気もしてきます。 大人の選択として逃げも間違いではないと信じています。 損切りと言うのでしょうか。

3人乗車での旅行も問題なく快適に過ごせそう。 その一方で今までの所有車に比べるとコンパクトなので気軽に出かけられて、駐車スペースもそこそこセーブできる。

Quality of Life

購入コストは2倍まで行かないもののそれに限りなく近いものがあります。 ココを納得できるだけの理由は、やはり好きな雰囲気のなかで毎日仕事の前後に時間を過ごせて、毎日の生活のかなでちょっとた贅沢を感じていられるかどうかにボイルダウンしてくる。

最終的にはこの点を奥もよく理解してくれてます。

仕事の後にリフレッシュしてイライラを持ち込まず帰宅する私を待ち受けるほうが、よっぽど良いということで・・・ 少しでもハッピーになる車を選択することが大切、BMWでも良いんじゃないという一言を頂きました。

膳は急げ

そういえば9月は決算期、そして10月から新しいモデルイヤーになり値上げがあるので、欲しいモデルが引き当てできれば好条件が引き出せるという話を聞いていましたので、条件や在庫が気になります。 早速週末にでも調査開始しないといけませんね。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする