フル乗車でも、駆け抜ける喜び

こんばんは、サトックスです。

先週から来日しているグランド・サンのお相手でいろいろなエヴェントを行っておりましたが、昨日はJeet Kune Do(ジークンドー)の道場にお邪魔してみました。

私の孫は6年程ニューヨークでJeet Kune Doの先生をしている父上の元習っているそうで、ぜひ日本のJKDの現場を見学したいということで突撃。 幸いにも近所で素晴らしい先生にお会いでき、その日の夜にある別の場所での教室に同行させていただけることになりました。 多少流派は違っても同じ武術を志す者同志、相互の理解と援助の精神は素晴らしいです。 私の昼間の仕事の精神にも通じています。

正直私も入門したくなりました。 最近逮捕術の訓練もしばらくしていなかったのでそろそろ何か始めたいと思っていた矢先、もしかしたらこれが良い出会いだったかもしれません。

で今日は、サーフィンに初挑戦してみたいと言うことで70歳になっていまだ現役サーファーである私の父親に頼んで徒歩時をしてもらいました。

そうは簡単には出来ませんね。 でも見てると自分もやってみたくなります。

洗車ヒーリング

帰宅してからは愛機218dの洗車です。

先週ガラスの清掃と磨きをしましたので、洗車の楽さ、拭き上げの楽さが違います!

お陰で時間の節約ができましたので室内清掃もしてみました。 毎日のている車なので結構埃やごみが目立ちます。 私の車にはいわゆるゴムマットを敷いていますので、雨の日でも気にせず乗車できますし掃除も簡単ですが、掃除しなければ結構汚れが目立ちます。 もしこれが純正のベージュのカーペットだったらと考えると恐ろしいですね。

ゴムマットを剥がすとやはりこの通りです。 そろそろリンサーが欲しくなりますね・・・ 或いはモノタロウあたりで乾湿両用の掃除機を買って代用するかな。

今日は掃除機掛けと簡単なブラッシングでこの程度まで綺麗にしてお出かけの準備です。

全体的なサラッと掃除機をかけて気分爽快です。

5人乗車

で、夜は家族5人でステーキを食べに・・・ 帰りのガスアップで後席大人3名乗車時のリアサスの様子です。

結構沈んでいます。

クリアランスは指2本ぐらいです。

ホイールアーチから見てここまで沈んでいるのは初めて見ました。

空車時がこのくらいです。

ホイールアーチから拳骨1つ分ぐらい空いてますね。。。

流石に尻下がりと言うか頭上がりな印象は随分と大きいですが、驚いたのは高速走行時の安定性。 これは素晴らしいものがありました。 また、乗り心地も特に悪くならずに逆にしっかりしどっしりしたような感触。

一番びっくりしたのは荷重のかかる状態でこそ体感できるビックトルクです。 この感触を体験するだけでもディーゼルの素晴らしさを満喫できます。

勿論一人乗車の際のクイックな印象はありませんが、これだけの重たさでもグイグイ前に出る、しかも悲鳴を上げずに。

この体験は価値ありです。

フル乗車でも、間違いなく駆け抜ける喜びが存在することを学びました。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする