F45 ワイパーの上げ方

BMWオーナーの方ならもうご存知かもしれませんが、私はつい最近まで知りませんでした。

取扱説明書を見るとしっかり描いてありましたが、実はちょっとハマってしまいました。

洗車やワイパーブレード交換などでこの状態でワイパーアームを止めたて、跳ね上げたいことありますよね。

以前乗っていたセドリックはパトカー用のワイパーアームに交換していたのでいつでもこの状態にできましたがBMW F45では運転席側ワイパーはそのままでも跳ね上げできますが、助手席側はエンジンフードに引っ掛かって跳ね上げれません。

ワイパーを動かして直立の位置でイグニッションOFFにしても格納位置に自動的に戻ってしまいます。

ワイパーアーム跳ね上げ可能位置での止め方

  1. イグニッションスイッチをONにする(エンジンは始動しない)
  2. そのままイグニッションスイッチをOFFにする
  3. その後ワイパースイッチレバーを上に押し上げてそのまま3秒ほど待つ
  4. 2回ほどワイパーが往復したら直立の位置で停まります

操作3のところで、押し上げ場が足らずに何度やってもうまくいきませんでした。

実はワイパースイッチの押し上げには2段階あり、通常の連続ワイパー動作のさらに上のノッチがあり2段目まで押し上げるとワイパー動作モード切替になる仕組みでした。

普段、そこまで押し上げないので気が点いませんでした。

ちなみにリアワイパーも真下6時の方向に出てきて停まります。

スポンサーリンク

当ブログにお越し下さいましてありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
皆様の応援が励みになりますのでよろしければ応援クリックくお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする